読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々馬鹿日記2005 Ver.1.01b

2014/9/20に はてなダイヤリー から移行しました。1.01a→http://d.hatena.ne.jp/e3uematsu/

バカ旅2012二日目

生活
  • 上野

昨夜の遅れは高崎に着く頃には定刻通りに回復していた。小雨降る中上野に到着。

東京踏破


常磐線が千葉県も通過するところに目を付け、我孫子へ。ついでに巨大唐揚げの立ち食いそば屋で朝食。朝から営業していてよかった。

千葉踏破

友部から水戸線で小山へ行き、さらに小山から両毛線で高崎へ向かう。ただ、友部と小山での乗り継ぎの関係から、特急を使っても小山で結構な待ち時間が出来てしまう。
そんな中時刻表を見たら土浦から新型スーパーひたちに乗れるので、勝田まで足を延ばす(友部は通過、水戸と勝田に停まるが特急料金が同じ)。

電源コンセントがあると聞いて探したが、なんと両端席を除いて肘掛けに付いていた。一瞬分からなかった...
勝田。茨城踏破

  • 勝田→友部→小山

フレッシュひたちで友部に戻る。駅舎改良工事が行われていた時に立ち寄ったこの駅もいまは立派な駅舎。

水戸線を横断し、小山の7分乗り換えをクリアして高崎行きに。

本当に分かりづらい両毛線ホームである。栃木踏破。

  • 小山→新前橋

さすが北関東のローカル線、小山発は1時間に1本の運行本数である。

当初は高崎まで乗り通す予定だったが、新前橋〜高崎に上越線などからの列車が走ることに気づいた。新前橋発の時刻を調べたら高崎の乗り換え列車までに何本かあり、新前橋始発の上野行きもあるようなので降りてみた。


つい数時間前は小雨だった群馬も晴れに。ここで群馬踏破し、北関東制覇
やってきた上野行きはなんとデビューまもないE233系。当然ながら東海道線のとほとんど一緒なのだが。まさかこっちの211系まで淘汰されることになるとは。

ついでに高崎問屋町にも降りる。2004年に開設した比較的新しい駅の割には電光掲示板がなかった。この下車が思わぬ事態を起こすことに。

  • 高崎→越後湯沢

今度は新幹線で越後湯沢へ行きほくほく線へ。特急券を買おうとして券売機に並ぶが混んでたので窓口へ向かう。ほくほく線経由の特急券も一緒に買おうとしたところ、ほくほく線はスリーデーパスでも乗車券が必要と言われ、乗車券まで出てきた。乗車券は不要のはずなのだが、秋版青春18きっぷと勘違いしてしまったのだろうか? とりあえず乗車券は返して特急券だけ受け取る。そんなトラブルで乗る列車に乗り遅れてしまった。新前橋と高崎問屋町の下車が裏目に出てしまった。後続の列車でも同じ列車に乗り継ぎはできたが、ぎりぎりの乗り換えで駅に出られず。

あわただしい乗り換えで新潟踏破。

はくたか乗車は今回が2回目。前回は暗い時間帯だったので周辺の様子をあまり伺うことができなかったが、今回はじっくり?観察。山の中を高速で突き抜けるような感じであるが、新幹線ほど高架橋の壁が高くないので周りの風景が見える。トンネルの間から見える山の景色がなぜか印象に残った。
直江津で降りる予定だったが、糸魚川まで乗り越すことに。また空が曇って来た。
と、横を見るとそこには211系と205系の姿が...

糸魚川に到着

新幹線工事真っ最中の糸魚川。昔あったレンガ造りの車庫はもうなく、新幹線の高架橋になっていた。大糸線車両の検修基地は移動され、保守用の赤い機関車もそこにいた。

つい最近になって主になったキハ125系。半分クロスシートになっても原則1両編成なのは前と変わらず。時間帯も関係してか車内はまばら。乗り通す客と途中で降りる客が半々だった。

長野踏破。夕暮れの南小谷E127系に乗り換え。直流版701系だけあって内装はほぼそっくり。

ハイカーや学生の姿がちらほらの車内。人の少ない夜のローカル電車の雰囲気が何故か好きだったりする。
信濃大町で少し乗り換え時間があるので改札を出て撮影。

高地は少し寒い。4両になったE127系で松本へ。約3時間半かけて大糸線を走破。

  • 松本→大月


無事に新宿行き最終特急に間に合った。駅を出たらいきなりトップスピードで飛ばすスーパーあずさ。さっきまでのんびり各駅に止まってきたのとくらべるとえらい違いである。ちょっとここまでの経過を書いている間にもう甲府甲府からどっさり乗り込んできて自由席は満席になった。
甲府でなく大月下車にしたのは、正直疲れてきたので、時間短縮のために大月下車で山梨踏破としたかったのだ。これで甲信越制覇。

宿泊地の八王子は目前である

  • 大月→高尾→八王子

貴重な115系がやってきた。

高尾で東京行きに乗り換え

思えば移動開始して実に40時間が経とうとしている。寝台特急を使った効果はやはり大きかった。ムーンライト信州とかも選択肢に挙げたが、ここまで長時間移動できなかったかもしれない。
今回の宿がある八王子へ。

震災があった去年は八王子も妙に静かだったような記憶があるが、駅前は夜でも賑やかな街に戻ったようだ。ホテルで一泊
残る県:神奈川・静岡・埼玉・福島