日々馬鹿日記2005 Ver.1.01b

2014/9/20に はてなダイヤリー から移行しました。1.01a→http://d.hatena.ne.jp/e3uematsu/

平社員、おうちを買おうとする

headlines.yahoo.co.jp
それは去年の秋頃の事。母よりこんな話を受ける。
「家を新しくしたい」
なんでも、今後妻と一緒に3人で暮らすには今の家では寒いのと、駐車スペースが狭いので、引っ越そうと持ちかけられた。いや、気づいたときには土地探しをしていた。
とはいえ自分は正社員だが平社員なので、そんなに高い家は建てられない。ただ母からは嘱託職人だが年金がそれなりに入るので経済的フォローはするとの事。
大学に7年も通わせてくれたのだから、親孝行ということで乗ることにした。

しかし、土地はいいとしてどうやって家を建てるのか、全く分からない。そこで年末から複数の住宅展示場を訪れて情報収集。1月は毎週末がハウスメーカーとの打ち合わせに明け暮れた。
各社(いずれも全国区)とも様々なやり方があった。

  • 某社1

数回展示場に行き間取りなどをヒアリング。
ある日のヒアリングの中で、土地の契約が決まっておらず、家の間取りや概算の費用が出ていないのに住宅ローンの仮審査申込を要求される。
土日しか休みがない中、夜の7時頃に来て仮審査の説明。とりあえず記入して渡すものの、母が不審に思い近くの銀行で
仮審査の相談に行く。結果、間取りや土地が決まってないのに仮審査は基本通らないとの事。銀行から逆に焦らない方がいいとアドバイスが来た程。
結果、この住宅メーカーはキャンセルをすることにしたが、担当者もどうしてか、もう1度話だけでも聞いてくれないかとだだをこねられた。
正直に、ローン審査のやり方がキャンセルの原因と伝えたが、それでも諦め切れないのか、再び書類を送ってきた。その書類は開けていない。家族からも、しつこくて怖いくらいだったというのが感想。

  • 某社2

数回展示場に行き間取りなどをヒアリング。また、メーカー主催のセミナーや、購入者の自宅見学会に参加。
それほどメジャーではないが、耐震性には強い自信がある会社で、競合他社に対する研究力はほかのどの会社よりも一番強かった。
問題は、打ち合わせの時間が長かった事。間取りに関する相談を受けるだけだったのが、支店長さんの挨拶や技術面での説明が異常に長かった。
また、会を増やすにつれて担当者が増えていった事も要因。特に直近の打ち合わせでは担当営業の上司(営業所長のような人)が入り、
来週までに契約するかどうか回答がほしい、その場合は契約の時に○百万を頭金として納めてほしい、ローンの仮審査を申請してほしいという
突然の契約依頼があった。家族からも、契約してほしいというオーラが強すぎて契約する気を無くしたという。


どの会社も、契約に関するペースが早すぎるという状況。うち1社は、自分としては契約を前向きに考えていたが、急なペースアップで信頼できなくなり、本社のホームページに苦情を入れた程。もう1社は直接本人に苦情を言い、最後に書類を送ってきてからは連絡が途絶えたので、このまま放置するつもり。他にもう1社あり、唯一こちらのペースに合わせて相談している状況(今のところは)。
自分が考えていたのは、間取りや設備を決めるのに数ヶ月かけ、ほぼ決まって金額も決まったところでお金をいつ払うか、ローン契約をいつ結ぶかという流れだった。それが、間取りや設備を相談している時に突然契約をいつするかという話を持ちかけられた。当然困惑するし、妻からは不安になり数日調子を悪くした位である。夢のマイホーム計画が、不安のマイホーム計画になった。こんな事をされるのでは家を建てたくても安心して相談することができない。

2017年を振り返る

今年の年末ですね、そうですね。簡単にまとめまうす。

 

この歳にして初めて車を購入。春ごろに単身赴任の噂が持ち上がり、今の車が引っ越しに耐えられないのではと考え(20万キロ以上)、新車を購入。結局単身赴任はなしになったものの、新車になったおかげで燃費が1.5倍以上に。ハイブリッドカー恐ろしや。

 

一方で長距離ドライブや電車旅行はあまり多くなかった。変わりゆく常磐線にももう少し乗っておかないと。

 

来年はすでにビッグイベントの予定がある。忙しい1年になりそうである。

冬の東北中部一周

残っていた振休を金曜に入れて一人三連休の初日。かみさんが夜飲み会である事を利用し、数年ぶりに青春18きっぷで一周。
朝ラッシュが終わった頃に仙台を出発するが、小牛田行きの前に仙石東北ラインがあった。塩竃でもちょっと時間つぶし。
f:id:e3uematsu:20171222104210j:plain
鹿島台手前で踏切支障に遭うも、無事に乗り継いで一ノ関を通過し、北上に初上陸。まだ平日という事もあってか旅行客はほとんどなし。2両ワンマンの車両は学生で混んだくらい。
f:id:e3uematsu:20171222131039j:plain
北上から初めての北上線で雪山へ
f:id:e3uematsu:20171222132344j:plain
f:id:e3uematsu:20171222132419j:plain
1時間かけて北上線初走破。このまま山形へ向かい戻っていく。
f:id:e3uematsu:20171222145434j:plain
雪の新庄に到着。
f:id:e3uematsu:20171222162953j:plain
普通列車の1本前につばさがあるが、どっちに乗っても仙山線の乗換列車は同じ。とはいえ、学生の頃に走っていた車両はもうない(400系だけでなく、新庄延伸時に投入された車両も無くなってしまった)。色も変わってしまった。
f:id:e3uematsu:20171222165042j:plain
少し新しくなった車両で実家のさくらんぼ東根へ。

f:id:e3uematsu:20171222174802j:plain
東根も田舎町でなくなってしまった。巨大な図書館ができれば、中高一貫校ができた、県内で発展している数少ない都市。
f:id:e3uematsu:20171222174323j:plain
山形から仙山線に乗り換えゴール。

EPSONプリンタとWindowsUpdate

(追記 11/23)

Microsoftから対策アップデートが公表されています。

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4055038/november-21-2017-kb4055038

 

(以下、執筆直後の記事)

ブログでパソコンの話とかしてなかったので

 

会社(部署内)で使っていたEPSONのドットプリンタが木曜から使えなくなった。具体的には、本体の電源が入っていて「印刷可」で、ドライバも入っていて印刷プレビューも出るのに、パソコン上で印刷を押しても印刷が開始されない。コントロールパネルを見てもオフラインにはなっていない。

 

うちの部署内では50台近くのパソコンで使っているのだが、ほとんどのパソコンで印刷できなくなった。ほとんど、ということは印刷できるパソコンもある。ただ、その前の日にWIndowsUpdateがあり、自動でアップデートが導入されるパソコンもあれば、各自が手動で入れないといけないパソコンもある(一応全員には自動で導入される様にしてあるのだが...)。

半信半疑で、印刷できる人とできてない人のWindowsUpdateの導入状況を見ると、確かに印刷できない人はある特定のパッチが適用前の状態だった。そして印刷できないパソコンに適用されたパッチを消して本体を再起動し、もう一度印刷を試した結果、印刷できるようになってしまった。

ここで午前中は終了。問題はこの50台近くあるパソコンをどうやって簡単に対処させるか。一台一台見て回ってパッチの消去は手間がかかるというか、この処理で一日が終わる。コマンドラインでパッチを消す方法を探し、バッチファイルにして各自導入してもらうことに(しかしこれでは不十分である事に気づかなかった)。

 

夕方になって、エプソンなどでもこの問題を把握したようで、応急措置的に案内。

http://faq.epson.jp/faq/01/app/servlet/nosearch?QID=036683

他の所でも障害発生の報告が

http://xsa.jp/blog/page_133.html

https://mypage.otsuka-shokai.co.jp/news/detail?linkBeforeScreenId=OMP20F0102S01P&oshiraseNo=0000000823

http://www.ilii.jp/faq/all/print/90019.html

 

翌日(金曜日)、木曜に比べて印刷できないトラブルは大幅に減ったものの、それでも少数ながら印刷できない人はいる。原因は、

・問題となるパッチを消したはいいものの、削除して再起動→重要なパッチとして自動導入 になり、再起動したらまた適用されて再発

・少数ながらいるWindows10はバッチ処理での削除ができなかった

Windows10は削除方法が違うが、使用PC自体が少ないので後回し。Windows7についてはアップデートが導入されないよう手動でやってもらう方法を配信するも、木曜にやる予定だった仕事をやったのでそこまで手が回らず。

 

そして土曜。本来なら一部を除いて休みなわけだが、たまたま今回の土曜は一部の出勤日だったので、全員のパソコンを起動して1台1台確認して回る。午前中は印刷できることも確認する余裕があったものの、午後はパッチが入ってないか確認、入ってたら消す程度の事しかできず。とりあえず全PCは見て回った。

Windows7の場合

 まずバッチファイルを実行

@echo off

wusa.exe /uninstall /KB:4048957 /quiet /norestart
wusa.exe /uninstall /KB:4048960 /quiet /norestart

(うちの環境では上記のパッチが削除対象)これで問題のアップデートは消去される。当初はここで再起動をするようにしていたが、再起動すると場合によってはまたアップデートが入ってしまうので、再起動する前にWindowsUpdateを起動し、

1. 「更新プログラムの確認」を行う。

2. 数分後、今さっき削除したアップデートが「重要な更新プログラムが利用できます」と表示されるので、その文字(「更新プログラムをインストール」ではない)をクリック

3. インストールする更新プログラムを選択します と表示されるので、さっき削除したアップデートに対して右クリック→「更新プログラムの非表示」

4. これで問題となるアップデートは一時的に導入されなくなるので、本体再起動。アップデートを削除するために再起動には時間がかかるものの、これでひとまず様子見。改善してなければやりなおすか、バッチファイルではなく手動で削除を。

 

ということで、まずはパッチの修正をお願いしたい。

https://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/windows_10-hardware/11月14日/d0890b78-8549-4cf0-b81d-e124f1fbeaf4

真夜中の黒磯駅

今度のダイヤ改正で注目された黒磯駅の電気設備簡素化工事は、2年前から本格的に始まっていた。f:id:e3uematsu:20171009044031j:plain
期間中、毎週月曜の黒磯駅上り始発電車は、黒磯~那須塩原駅区間運休、代行バスによる運行としていた。工事も終わりが見えてきたのと、月曜が祝日にあたる日も実施されるとの事で、夜中車を走らせ、深夜の黒磯駅へ。

駅南側の踏切から。f:id:e3uematsu:20171009011906j:plain
黒磯駅跨線橋から駅構内を偵察。f:id:e3uematsu:20171009012815j:plain
時刻は深夜1時半。工事と言うことは駅構内は停電状態と予想していたが、なんと普通に貨物列車が走っていた。貨物列車が走ると言うことは信号設備も止めてはいない。たまたま工事休みだったのだろうか...
f:id:e3uematsu:20171009012902j:plain


続いて那須塩原駅へ。改札はシャッターで閉じられていたが駅構内に入ることはできた。
f:id:e3uematsu:20171009015204j:plainf:id:e3uematsu:20171009015230j:plainf:id:e3uematsu:20171009015009j:plain

ホームを見るも、留置されている列車はなし。f:id:e3uematsu:20171009015059j:plain
那須塩原始発となる電車はどこに... そんな中、また1本貨物列車が下っていった。f:id:e3uematsu:20171009014851j:plain
偵察を終えて深夜2時前。代行バスの発車時刻まで時間があったので、近くの道の駅で仮眠。


朝4時半。再び黒磯駅へ。f:id:e3uematsu:20171009044204j:plain代行バス運転に関する案内は張り紙がしてある程度で、代行バスのバス停はなし。
そして発車10分前、バスが到着する。f:id:e3uematsu:20171009045031j:plainf:id:e3uematsu:20171009045055j:plain
代行バスに乗る乗客は数名。代行バスに乗ろうとも考えたが、先に那須塩原に向かい駅の様子を見る事に。


再び那須塩原駅f:id:e3uematsu:20171009050742j:plainf:id:e3uematsu:20171009051128j:plainf:id:e3uematsu:20171009051155j:plain始発の上り列車は8番線から発車となる。
f:id:e3uematsu:20171009051332j:plainf:id:e3uematsu:20171009051921j:plain
そして5時20分、始発の上り列車は宇都宮から回送となってやってきた。代行バスも時間通りに到着し、上り列車は定刻通り発車していった。


初めて夜中の黒磯駅を視察したが、代行バス運転開始から2年もたった事もあってか、工事の様子を見ることはできなかった。もしかしたら工事そのものも軽微なものしかやっていないのかもしれない。だた具体的な終了時期は告知されていないので、工事が終わっているのかは不明。今回の代行バスの様子を見に来た人も数名程度で、あまり注目されないままこの「恒例行事」は終わりそうである。

北のデジタル無線4

山形線の車両にもデジタル列車無線機器が付いているとの情報があったので視察。
719系5000番台の車両に付いていた。
f:id:e3uematsu:20170923150931j:plain
0番台と同様、乗務員室に機器が付いていたが、違うのは受話器関係。元々山形線はA型の列車無線を使用しているという事もあってか、ちょっと機器が違っている。
f:id:e3uematsu:20170930230628j:plain
0番台の場合、従来付いていた無線機をそのまま交換する形だったのが、5000番台は従来の無線機はそのままで、新しい受話器と簡易モニタ装置が追加されている。元々ATS-Pが導入されている路線なので列車番号を設定する装置が置かれていたが、それを撤去し新しい無線の受話器を設置。列車番号は新設した簡易モニタ装置で行うことに。f:id:e3uematsu:20170923150522j:plain

f:id:e3uematsu:20170923150645j:plain
網棚にも機器が置かれている。

719系701系は受話器のみを変えたのに対し、719系5000番台は首都圏の205系と同様の簡易モニタ装置が付いた。東北本線での導入結果を踏まえ、運転通告作業が簡略化できるよう簡易モニタ装置を付けたという事だろうか。ちなみにATOS導入路線でなくともモニタ上での運転通告の電送化は可能(すでに水戸支社管内の常磐線でも運用実績あり)。

山形線でアナログ列車無線が聞けるのも、1~2年程度になりそうである。

静かなる黒磯駅

少し前まで黒磯駅では貨物列車を牽引する機関車の入換が頻繁に行われていた。しかし、現在進められている黒磯駅の電気設備改良工事の進捗と、北海道新幹線開業に伴う機関車の運用変更により、去年春のダイヤ改正で長年続いていた機関車の入換は終了。

...という事実をつい最近知ってしまった。本当に知らなかった。
さらには今秋のダイヤ改正黒磯駅に交流電車が入らなくなってしまう。早めに見納めに来てしまった。...今で言う葬式鉄であるが。

郡山駅で見る黒磯行き
f:id:e3uematsu:20170819113603j:plain
f:id:e3uematsu:20170819113614j:plain
郡山で乗り換えるたび見ていた黒磯行きはここでは見られなくなりそうである。

701系 黒磯行き
f:id:e3uematsu:20170819113734j:plain
f:id:e3uematsu:20170819113631j:plain

701系 黒磯行きワンマン
f:id:e3uematsu:20170819145154j:plain
f:id:e3uematsu:20170819145126j:plain

E721系 黒磯行き
f:id:e3uematsu:20170819142846j:plain
f:id:e3uematsu:20170819142935j:plain


時折大雨が降る中無事に黒磯駅
f:id:e3uematsu:20170819125753j:plain
黒磯駅。着く頃には雨は小康状態に。
f:id:e3uematsu:20170819130213j:plain
f:id:e3uematsu:20170819130605j:plain
駅の南側と北側の機関車待機跡地。レールしか残っていない。
f:id:e3uematsu:20170819132110j:plain
郡山行き・福島行きの表示ももうすぐ見納め。

f:id:e3uematsu:20170819130224j:plain
2・3番線の北側。雑草が少し生えている。
f:id:e3uematsu:20170819130618j:plain
変電設備。横には新しい設備がある。


新白河へ戻る。新たなる乗換駅となる場所。
f:id:e3uematsu:20170819135919j:plain
中線(6番線)がしばらく使えない状態になっていたが、この工事をしていたため。
f:id:e3uematsu:20170819135949j:plain
f:id:e3uematsu:20170819140154j:plain
ホーム中央に車止めを置き、双方から中線に入り折り返しができるようになる。えちごトキめき鉄道のように誘導信号を使う方法はしないようである。貨物列車が多い路線ではあるが、すぐ隣の白河駅にも貨物列車用の待避線が使用できる事から、このように車止めを置いたのではと推測。ちなみに上り本線(5番線)・下り本線(7番線)での折り返しはポイントが設置されていないのでしない模様。


すでにダイヤ改正後に黒磯~新白河で使用する車両は発表されているが、合わせてこの区間の運転本数も現在より削減される事が発表されている。今のところ黒磯での系統分離は秋以降も変わらないものの、宇都宮~黒磯間の本数が年々少なくなっているところを見ると黒磯での乗り換えがなくなり宇都宮~新白河を直通する列車が設定されるのではと推測。また現在は那須塩原が北限となっているATOS導入区間も、黒磯での列車の入換がほとんどなくなる→自動制御可能 から黒磯まで延長されるのではとも推測(支社をまたぐことから黒磯がおそらく北限)。今秋は黒磯界隈が注目を浴びそうである。